奈良県下2店舗(生駒店、奈良駅前店)にある奈良最大の卓球教室‼
生駒店☎:050-3419-0547
奈良駅前店☎:050-5240-5769

奈良KOTO卓球教室

卓球用語のページ

卓球用語集

アンチラバー

 
裏ラバーと同じで表面にツブツブが出ていません、このことで表面での摩擦力がすくなく回転がかかりにくいですが、反面、相手の回転の影響も受けにくい。
 
 

シェークハンドラケット

 
 
握手のように握るラケットを握ること。略してシェークといいます。球の弾み具合によって、攻撃用(OFF)、オールラウンド用(ALL)、守備用(DEF)に分類されています。
 
 

ペンホルダーラケット

 
 
鉛筆やペンを持つように親指と人さし指でラケットの柄をはさんで持つラケット。ペンと略しています。グリップ部分が」を上に突き出し、人さし指をひっかけられる持ち方が日本式、シェークの柄(え)を短く切ったような形で持つのが中国式、両面に性質の違うラバーを貼ることによって反転させて使う場合は「反転式」といいます。
 
 
グリップ
 
 
ラケットの握り方もしくは握る部分(柄)。グリップ形状はFL(フレア)やST(ストレート)やAN(アナトミック)やCO(コニック/以上シェーク)やCP(中国式ペン)などと略記されています。
 
 

ラージボール

 
 
新卓球で軽くて大きいボール(直径44mm、重さ2.2〜2.4g)、表ソフトラバーのみ、高いネット(17.25cm)を使う卓球競技の場合です。
 
 

特殊素材

 
 
合板のブレードに使われる木材以外の繊維素材(カーボン、グラスファイバーなど)を指す。
 
 

ラバー

 
 
ラケット本体のブレード部分を覆つている板状のゴム製品を言う。
裏ソフトラバー、表ソフトラバー、粒高ラバー、アンチスピンラバー、一枚ラバーという種類があるます。ITTF公認のものを使う必要があります。
 
 
裏ソフトラバー
 
 
表面が平らで回転がよくかかるラバーで通称、裏ソフトと言われます。弾みが良く回転もかかるものを高弾性ラバーといい、表面に粘着性があり、強い回転がかかるものを粘着性ラバーと言いいます。
 
 
表ソフトラバー
 
 
表面に粒粒があり、球離れが早いラバーのことを指し。表ソフトと言われています。球離れを重視するものはスピード系、回転力を重視した場合は回転系、ナックルの出しやすさを重視したものは「ナックル系」と分けられています。
 
 
粒高ラバー
 
 
トップシートの粒を高く設計した表ラバーの事をいいます。「イボ高ラバー」とも称され。打球の時に粒が曲がることで相手ボールの 回転をそのまま残して返球する性質のため、相手はボールが大きく変化するように感じてしまします。
 
 

テンション系ラバー

 
 
いつもゴムが引っ張られたような状態のように作られたている弾みの効くいラバー。現在では裏ソフトラバーの主流と言われています。
 
 
 

合板

 
 
複数の木材板の張り合わされてできたブレード。1枚板の場合は単板といいます。
 
 

ブレード

 
 
ラケットの木の本体部分もしくは打球面のこと。